ボヘミアンファッションの着まわし術

ボヘミアンファッションの着まわし術!花柄ロングシャツを中心に

 

着まわしって聞くと、ついオーソドックスなアイテムを選びがちですが、おしゃれに着こなすなら、トレンドアイテムで着まわすのがいいですね。

 

この春からは花柄ロングシャツを中心にして、ボヘミアンファッションの着まわしに注目です。

 

着まわししやすい、ボヘっぽいアイテムを紹介します。

 

ヴィンテージ花柄のロングシャツ

MOUSSY(マウジー)の花柄ロングシャツは、アンティーク風のくすんだ色合いとヴィンテージ花柄が魅力のパッと目をひくシャツです。

 

前ボタンを開けてデニムにサラリと羽織ると、花柄でも甘くなりすぎないで、スマートな着こなしになります。
透け感のあるやわらかい素材なので、濃いグリーンも春らしく着られて、女っぽい雰囲気です。

 

ボヘミアンを強化するには、デニムはヴィンテージデニムにして、ボヘ小物のストローハットをアクセントにします。

 

ロングシャツを羽織りとして着る時には、インナーは白Tでシンプルに、ボトムはトレンドアイテムのガウチョパンツ。ガウチョも赤茶に近いアースカラーを選んで、今年の気分を盛り上げます。

 

花柄ロングシャツは、1枚でワンピースとしても、大人ガーリーに着こなせます。レギンスや麻素材のタイツをはいてナチュラル感をもたせると、ゆるめのボヘミアンでナチュラルな着こなしになります。

 

スモック風の刺しゅうブラウス

フロントや袖の部分に、ボヘっぽい刺しゅうがほどこしてあるブラウスも、ボヘ気分をアップします。デニムはもちろん、ボリュームのあるフレアースカートとも相性よく着れます。

 

アースカラーのガウチョパンツ

人気継続中のガウチョは、アースカラーがおすすめです。土色の赤茶色は、コーデの差し色にもなり、引き締めカラーとしても活躍します。白のノースリニットや、スモック風のししゅうブラウス、シンプルなTシャツなど、どんなトップスを合わせてもおしゃれに見えます。