着まわしアイテムでデニムは必須

着まわしアイテムでデニムは必須!ただし、毎年同じではNG!

 

着まわしアイテムの中で、デニムは必ずワードロープに入れたい服のひとつですね。

 

合わせやすさは断トツだし、とんなテイストにもほどよい抜け感を与えてくれます。

 

ただし、気をつけないといけないのは、毎年同じ色やシルエットにならないようにすることです。トレンドを押さえての更新が必要なアイテムなのです。

 

デニムにもその年により流行があるので、そこを押さえたうえで着まわしアイテムとして、コーデに組み合わせるようにします。そうでないと、デニムをいれたことでかえって野暮ったくなることもありますから、気をつけましょう。

 

近年のデニムの変遷を見てみると5年前はブーツカット、3年前は淡色スキニーが流行ってました。今年は、ヴィンテージ風のガールフレンドデニムが本命です。

 

今年のトレンド ガールフレンドデニムの着こなし

デニムは、カジュアル派はもちろん、フェミニン派にも支持されていて、オシャレ上手な人はお仕事コーデにも、上手に組み合わせて着こなしていますね。

 

お仕事の時には、シャツやトレンチなどと合わせて、デニム以外はきれいめにコーデします。オフィス定番のシャツは、少しカジュアル感のある、見た目もキレイな素材を選ぶようにします。
さらにとろみトレンチを羽織って、きれいめスカーフでアクセントをつけると、洗練されたお仕事スタイルの完成です。

 

フェミニン派には、パステルニットとの合わせがおすすめです。デニムが甘さを中和するので、抜け感のあるスタイルになります。パールのネックレスや白のパンプスで上品さをプラスします。

 

白のブラウスに、パステルカラーのカーデを肩がけにするスタイルも、ガールフレンドデニムをフェミニンに着こなす鉄板コーデです。

 

カジュアル派なら、今年はボヘミアンファッションでコーディネートする旬なスタイルもいいですね。
白Tにレースジレをレイヤードして、ストローハットでボヘ感をだします。ショルダーバックにはバンダナを巻いてボヘ気分を盛り上げます。

 

オフショルっぽいフリルブラウスのトップスなら、色はカーキを選びます。カーキとデニムの組み合わせは、おしゃれな配色でセンスの良さをアピールできます。フリンジバックやヌーディなレースアップシューズで、ボヘミアンテイストをプラスします。デニムの裾はロールアップして、足首見せは必須です。